自社保有の手形を買い取ってもらう手形割引

手形割引を利用して資金繰りの悪化を回避

手形は決済期日前に現金化することはできません。そのため、事業活動の中で急に現金が必要になった場合、手形が決済できれば十分な資金があるにも関わらず、資金繰りが悪化してしまうケースがあります。そんな時に活用したいのが手形割引です。手形割引は銀行などの金融機関や専門業者に手形を裏書譲渡し、決済期日前に現金化できる仕組みです。手形割引により、資金繰りの悪化を回避できたケースは数多く存在し、広く利用されている仕組みだと言えます。また、事業を始めて間がない企業や企業の信用度が低下している場合でも利用できるケースが大半です。ただし、決済期日までの利息相当額や手数料が差し引かれるため、手形の額面通りの現金が手に入るわけではありません。

手形割引のさまざまなメリット

手形割引を利用するメリットは、何と言っても早期資金調達が可能であることです。しかも手続きを行ってから現金化されるまでも非常にスピーディーであると言えます。金融機関や専門業者により異なりますが、即日で現金化できることも珍しくありません。また、その利用手続きも簡単で、融資時に必要な決算書などの提出は求められません。融資を断られた企業であっても手形割引なら利用できることが大半です。金融機関や専門業者にとっては譲渡された手形が振出人により確実に現金化できることが重要で、振出人の信用度が高ければ問題にはならないからです。さらに金利の安さも魅力的で、特に金融機関は低金利となっています。専門業者でもビジネスローンなどと比較すると圧倒的に低金利であることが多いです。